theo(テオ)の特定口座 | theo(テオ)の税金 年末調整対策も

HOME » theoと税金 » theo(テオ)の特定口座

theo(テオ)の特定口座

一般的に証券会社や銀行で投資信託をするには、口座を開設しなければなりません。
その口座は3種類あります。
一般口座と特定口座(源泉徴収あり)、特定口座(源泉徴収なし)です。

theo(テオ)も同じように3種類の口座があります。
一般口座はtheo(テオ)で上がった利益を普通に確定申告しなければなりません。
一般口座の場合にはtheo(テオ)からは確定申告に関する資料は何も提供されません。
すべてのデータや、そのデータを証明する書類を自分で用意しなければなりません。
確定申告に慣れた人でも、相当に時間と労力を必要とする作業です。

theo(テオ)の場合、売買やポートフォリオの組みなおしなどの作業もtheo(テオ)のロボットが自動的にやってくれるので、売買の回数やタイミングなどを自分でコントロールできません。
しかも、何種類のETFを保有するかもtheo(テオ)のロボットが自動で判断していきます。
ある意味、一般の投資信託よりも資料の準備が複雑になる可能性もあります。

特定口座(源泉徴収あり)を選ぶと、theo(テオ)で出た利益に関してはすべて源泉徴収してtheo(テオ)が納税してくれます。
theo(テオ)が投資一括契約を結ぶタイプの金融商品であることに連動するように、納税に関しても手間いらずのお任せ口座です。
ただし、何らかの原因で、課税控除を受けられる事情が発生したときにも、それが適用されません。
場合によっては、納税しすぎになる可能性は否めません。

特定口座(源泉徴収なし)はtheo(テオ)の利益は源泉徴収せずそのまま入金されます。
したがって確定申告をしなければなりません。
しかし、特定口座の場合には、theo(テオ)から確定申告のために集計した報告書が発行されます。
これが「年間取引報告書」です。
とても、明確な資料ですし、発行するのは「株式会社お金のデザイン」なので、税務署からなにか質問を受けるようなこともありません。
確定申告にはとても有効な書類です。

一般的なサラリーマンで、給与所得以外の収入はtheo(テオ)のみという方には、特定口座(源泉徴収あり)がおすすめです。
サラリーマンでも、資金運用口座をいくつも持っているという方には、特定口座(源泉徴収なし)がおすすめです。
譲渡損や為替差損が出た場合には通算して課税してくれるので税金が安くなる可能性があります。
また自営業の場合にも、特定口座(源泉徴収なし)がおすすめです。
もともと確定申告をするのですから、theo(テオ)が発行する「年間取引報告書」を使えば、それほど面倒な事ではないはずです。

一般口座は、投資にも、申告にも慣れていて労力も時間も惜しくない人用の講座です。
一般口座の場合には、取引の度にしっかりと資料や伝票類を保管する必要があります。
また、計算もしなければならないので税務自体にも知識が必要です。