theo(テオ)で発生する為替差益 | theo(テオ)の税金 年末調整対策も

HOME » theoと税金 » theo(テオ)で発生する為替差益

theo(テオ)で発生する為替差益

為替差益とは、通貨の切り替え時に発生する利益のことです。
通貨の切り替えは、為替市場では売買になります。

1ドルが100円のときに10万円入金すれば、口座への入金金額は1000ドルです。
これは10万円で1000ドル買ったということです。
そして、1ドルが110円のときに、1000ドル出金して日本円に換算すると、11万円になります。
1万円の為替差益があったということになります。
為替差益は、雑所得なので雑所得税を払わなければなりません。

theo(テオ)を運用する過程でも、為替差益が出ることがあります。
例えば1000ドルのETFを買ったとします。
買ったときに為替レートは1ドル100円でした。
1000ドルのETFの価格を日本円に換算すれば、10万円のETFを買ったことになります。
このETFが値上がりして1200ドルになったとします。
ここで売って200ドルの譲渡益が出ました。
この時の為替レートは1ドル110円でした。
さて、この時の為替差益はどうなるのでしょうか?
この場合には10万円のETFを、1200ドル×110円=13万2千円で売ったことになります。
つまり、譲渡益が13万2千円ということで、為替差益は譲渡益に含まれてしまいます。
この13万2千円に関して譲渡所得税がかかってくるのです。
海外の金融商品の売買差損益を計算するときには、為替の差損益を含んでしまった方が単純でしかも正確な計算になります。

theo(テオ)の場合には出金の際に為替差損益がでます。
課税対象は、当然差益にかかります。
しかし、差損が出た場合にもしっかりと記録しておきましょう。
譲渡所得と雑所得は両方とも総合課税対象の所得です。
総合課税とは、すべての所得税を通算して課税金額とします。
その合計金額に課税するのです。
つまり、損を出した場合には、損金が課税額から引かれます。
もし、為替差損が出てしまった場合もしっかりと記録しておきましょう。
これは、売買のときも同じです。
損失が出た場合には、その損失は総合的な利益の中から引かれます。
つまり、課税対象金額が少なくなって、かかってくる税金も少なくなります。

特定口座(源泉徴収あり)の場合には、売買益が出るたびに20.315%差し引くので、損失が出たときにも通算することはありません。
通算して安くなる税金は、金額にしてみればずいぶん安いものかもしれません。
安くなる税金と手間や時間を考えあわせて、確定申告を面倒と思うかぜひ必要なものと思うのかは、個人の価値観の問題です。