theo(テオ)でできる税金最適化 | theo(テオ)の税金 年末調整対策も

HOME » theoと税金 » theo(テオ)でできる税金最適化

theo(テオ)でできる税金最適化

税金最適化とは、もっとも効率のいい節税、というべきなのでしょうか?
ETFファンドを多数保有していると、分配金が毎月目減りしているファンドや市場価値が目減りしてきているファンドというものは必ず出てきます。
この中で、分配金の目減りに関しては、最悪0なので、損失を出すようなことはありません。
ところが、市場価値の下落は、売買損を生む可能性をはらんでいます。
売れば必ず損が出る状態を含み損といいます。

ETFの売買損益は通算して課税されます。
利益から損失を差し引いた金額に課税されるのです。
含み損を抱えながら利益計算をしていると、本来の利益額を見失います。
このまま、課税されては税金の払いすぎになるのです。
そこで、多くのロボアドバイザーでは、含み損のあるファンドを売ることで損失を確定させます。
損失が確定すれば利益が減るので、結果的には節税につながります。
譲渡益があがったタイミングは、含み損を処理するタイミングでもあります。
もし、このタイミングを誤ると節税効果を得られないことになってしまいます。

例えば、今50,000円の譲渡益があがったとします。
普通に50,000円に関して税金がかかっていきます。
そして、ある時30,000円の譲渡損を出したとします。
しかし、その時に何も利益が出ていなければ、単なる損で税金がかからないというだけのものです。

多くの場合には、期中にそのようなことは何度か起きます。
確定申告は、このような場合にはとても便利なものです。
特定口座(源泉徴収あり)を利用している人は、期中にこういったことにも関心を持つべきです。
源泉徴収は、利益が出たときに都度行われます。
しかし、損失に対しては、何も行われません。
放置していれば総合課税のメリットを享受することはできなくなってしまいます。

特定口座(源泉徴収あり)では、税金の払い漏れは起きませんが、税金の払いすぎが起きる可能性はたくさんあります。
特定口座(源泉徴収あり)を選択した人にも、「年間取引報告書」は発行されます。
確定申告はそれほど困難なものではありません。

また、theo(テオ)では出金の際に為替差損益が発生します。
出金の金額やその時の為替の値動きによっては大きな損益になることがあります。
為替差損益も総合課税なので売買益と通算することができます。
税金を最適化したい場合には、やはり確定申告をしないわけにはいきません。
確定申告は投資とは切り離せないものと理解しておきましょう。