theoと税金 についての記事一覧 | theo(テオ)の税金 年末調整対策も

HOME » theoと税金

theoと税金

theo(テオ)でできる税金最適化

税金最適化とは、もっとも効率のいい節税、というべきなのでしょうか?
ETFファンドを多数保有していると、分配金が毎月目減りしているファンドや市場価値が目減りしてきているファンドというものは必ず出てきます。
この中で、分配金の目減りに関しては、最悪0なので、損失を出すようなことはありません。
ところが、市場価値の下落は、売買損を生む可能性をはらんでいます。
売れば必ず損が出る状態を含み損といいます。
Click≫ 『theo(テオ)でできる税金最適化』

theo(テオ)で得られる利益

theo(テオ)は、海外ETFを投資家の個人事情に合わせてポートフォリオする新しいタイプのファンドです。
ETFとはもともと、手軽に分散投資ができるファンドとして注目されている金融商品です。
その、ETFをさらに、ポートフォリオするのですから分散効果が非常に高くなっています。
資金運用に関する分散効果は言い換えれば安全性の確保です。
Click≫ 『theo(テオ)で得られる利益』

theo(テオ)と確定申告

theo(テオ)は特定口座(源泉徴収あり)を選択することによって確定申告が不要になります。
サラリーマンは給与は源泉徴収されているので、あえて確定申告が必要となると、とても面倒に感じる人が多いでしょう。
theo(テオ)では、全ての利益を源泉徴収してくれる特定口座があるので、その口座を選択すれば確定申告が不要になります。
実際theo(テオ)の投資家のほとんどは、特定口座(源泉徴収あり)を選択しているようです。
Click≫ 『theo(テオ)と確定申告』

theo(テオ)の配当金

theo(テオ)の配当金はそれぞれのETFから配当されるものが投資家の口座に振り込まれます。
運用しているETF分を明記して振り込まれるので、どのファンドの分配金がいいのかわかりやすいです。
ただ、ポートフォリオ自体はtheo(テオ)のAIが決めるので、原則的には自分でファンドを選択することは難しいようです。
Click≫ 『theo(テオ)の配当金』

theo(テオ)の手数料

theo(テオ)は、手数料構造が単純なことが大きな特徴です。
従来の投資信託取引では、取引が発生するたびに手数料がかかっていました。
しかし、theo(テオ)では手数料は3000万円以下の預かり金なら年率1%、3000万円以上なら年率0.5%と決まっています。
Click≫ 『theo(テオ)の手数料』

theo(テオ)の年率計算

theo(テオ)には二つの年率があります。
一つは手数料です。
theo(テオ)の手数料は預かり資産の3000万円までは年率1%、3000万円以上は年率0.5%です。
3000万円を境にして手数料が半分に減ります。
もしも、預け金が2900万円といった金額になっている場合には、もう少し預け金を増やすと、手数料が半額になります。
3000万円と3001万円では手数料が全く違うのです。
Click≫ 『theo(テオ)の年率計算』